様々な種類 | 最近の風俗は人妻専門デリヘルが熱い

様々な種類

緑の服の女性

日本国内には、およそ10.000店舗の風俗店があります。これは届け出を出している店舗数になるのですが、東京だけでも3.000店舗あると言われています。
この店舗は、大人の男性の多くが利用しています。
その割合は、リピーターや一度利用した事がある男性をあわせると、半数以上の利用数になります。

ちなみに、この業界働く女性は30万人程といわれており、単純計算だと20人の女性のうち1人はこの業界で働いた経験を持っています。
また、この風俗業界の市場規模は約5兆円となっています。

そんな風俗ですが、これにも色々な店舗の種類が存在しています。例えば、今や最もこの業界内で大きな市場規模を誇るデリヘルも種類の一つです。
また、男性機能の快復をコンセプトとした回春と呼ばれる店舗も種類の一つです。他にも、ソープ、ホテヘル、オナクラ、ピンサロ…といろいろな種類の店舗がこの業界には存在しています。

上記でも記述したデリヘルとは、女性をデリバリーできるのが特徴の店舗です。デリバリーとは、つまり「呼べる」という意味で、出張ヘルスとも呼ばれる事があります。
デリヘルはこのように、女性を利用客の元へ呼ぶ事ができますので、利用客は受付場所へ行く必要がありません。
回春とは、先程も紹介したように男性機能の快復をコンセプトとした店舗です。この回春では、そのようなコンセプトから、睾丸や前立腺のマッサージ等が行われます。
このように、風俗には回春やデリヘル等、色々な種類の店舗があります。

このエントリーをはてなブックマークに追加